周辺施設のご案内

高崎駅の西口8番バス乗り場で、ぐるりん観音山行「系統番号14」に乗り、バスが国道17号線を横切ると、眼前に観音山丘陵が展開します。「観音山」は、白衣大観音、清水寺などの社寺と、染料植物園、野鳥の森などがあり、総合レクリェーションゾーンとなっています。 お問い合わせは高崎観光案内所TEL.027-327-9333まで。

高崎観音山 みどころ案内

(1)白衣大観音

白衣大観音・慈眼院観音さまは男か女かと詮索されることがしばしばある。観音に性別は無いが、一般には女性の姿をとっている。高崎の観音さまは、お母さんの用に美しい。観音さまは昭和11年秋、高崎の井上保三郎氏が建立したもので、高崎41.8メートル。
詳細は慈眼院についてをご覧下さい。

(3)清水寺

清水寺石段下のバス停を過ぎると、正面に518段の石段が見える。808年に坂上田村麻呂が、京都の清水観音を勧請したと伝えられる清水観音堂である。観音山の名はこの観音さまから起ったという。石段はキツイが、観音さまへのお詣りは、ここから歩くことをお勧めする。観音山山頂バス停の市営駐車場からは観音堂まで300メートルである。

(5)群馬県護国神社

困難に際し戦地に赴かれた本県の将兵を祀る群馬の守り神です。緑に囲まれた広い境内に佇む流麗な本格流造の神殿は清々しい御神域を醸しだしております。どなた様も神様のご加護をお恵み頂けますようお参り下さい。
TEL.027-322-6309

(7)観音山温泉・錦山荘

観音山温泉・錦山荘観音山の中腹にたたずむ高崎随一の温泉宿。赤城山と高崎市街が一望に見渡せる展望風呂が自慢。ハイキングのお帰りに、行楽の途中にお風呂に入って“おっきりこみ”、“すいとん”などの郷土料理が楽しめ、宿泊・宴会もできる(要予約)
日帰り入浴3時間650円・宿泊9,000円
TEL.027-322-2916

(9)山頂駐車場からの展望

山頂駐車場からの展望秋から冬にかけて晴れたは、筑波山が遠望出来る関東平野の展望台である。眼下の盛り上がった市街地は高崎市で、赤城山の下の前橋市街地まで、ここから見える両市は一つに見える。

(11)Restaurant いしだ

Restaurant いしだでは、大切な人と大切な時間を過ごして頂くための料理を提供できるよう努力しています。
季節を意識した旬の食材を中心に、目を見張るような色づかい、自分の信じたセンス、独特なバランスで盛り付けられた料理は一品一品仕込みに時間をかけ、手づくりの、心にも身体にもやさしい、視覚、嗅覚、味覚、人のもつ感覚に刺激を与えるような料理でありたいと考えています。四季を感じられる、高崎観音山でRestaurant いしだの料理を味わって頂きたいです。
フランス料理を中心に20年以上修行してきた地元高崎片岡町出身のオーナーシェフ石田博行が春の桜・夏の新緑・秋の紅葉・冬の静寂、四季が美しい観音山にて織り成す箸で食する季節の創作料理。
定休日:月曜 ランチタイム11:30~15:30 ディナータイム17:30~22:30
TEL:027-323-5040

(13)手打ち蕎麦 そばっ喰ひ

高崎市を一望できる観音山山頂付近にある蕎麦屋です。信楽焼の壺が点在する緑豊かな庭を進むと、趣ある庵があります。一歩中に入ると、そこは土間と囲炉裏のあるどこか懐かしい空間。ゆっくりと流れる時間の中、窓の向こうに広がる関東平野を望み、陶芸家の店主が薪窯で焼いた手作りの器で、「挽きたて・打ちたて・茹でたて」の蕎麦をご賞味下さい。営業時間11:30〜15:00(18:00〜予約にて営業)、火曜定休日・第4火・水曜日連休
TEL.027-325-0670

(2)参道商店街

参道商店街観音山は古来桜の名所で、三千本の桜が咲きほこるのは、4月10日前後である。観音山の名物は、観音参道の売店で賞味できる、俗にヒッパタキと言う「こんにゃく」の味噌おでんやうどんがある。

(4)洞窟観音・山徳記念館

洞窟観音・山徳記念館洞窟観音は呉服商であった山田徳蔵が全資産と生涯を掛けて観音山中腹を彫り抜き400mの随道と大ドームを浅間山の溶岩で建設し、その中に現状利益を本義とする観音霊場を実現した。枯れ山水を配し名工「高橋楽山」の手による西国三番・坂東三十三変化観音を安置し、神秘的な法悦の世界を繰り広げ拝観者に感銘を与えてくれる。
北関東一の日本庭園には漫画の元祖「北沢楽天」他、明治・大正・昭和・平成の時代に活躍した多くの漫画家の原画が展示された記念館がある。(入館料:800円、子供400円)TEL.027-323-3766

(6)高崎市染料植物園

高崎市染料植物園自然の地形を生かした園内には染料植物の道をメインに、昔から衣服などを染める原料に使われた代表的な染料植物が「飛鳥・奈良の道」「平安・鎌倉の道」「室町・江戸の道」「現代の道」と各時代ごとにたくさん植えられている。染色工芸館には染織品などが展示されており、さまざまな色をみることができる。(開館時間:9:00〜16:30、休館日:月曜日・祝日の翌日・年末年始)

(8)山田かまち水彩デッサン美術館

山田かまちは高崎高校一年生の夏(昭和52年8月10日)自室でエレキギターの練習中に亡くなりました。絵を描き、詩を詠み、ギターを弾き「僕には24時間では足りないよ」を口癖のようにつぶやきながら短い青春を燃焼させ尽くしました。後には数百枚の水彩画とデッサン、多くの詩が残されていました。
(入館料:一般500円、小・中・高生200円、休館日:水曜日) TEL.027-324-3890

(10)観音山野鳥の森

観音山野鳥の森白衣大観音のすぐ裏の谷は、市町村段階で全国で初めて出来た野鳥の森で、年間100種類を超える野鳥が観察される。土・日・祝日には、日本野鳥の会の会員が、ボランティアでバードハウスに詰めていて、案内にあたっている。入園無料。
TEL.027-322-5462

(12)カフェ ル・テルモス

観音山の中腹、洞窟観音の向かい側の坂道を少し上がると、テラスを備えた真っ白の建物。一般住宅のリビングを使った店内の居心地の良さと手作りのキッシュやそば粉のクレープ(ガレット)のランチが人気。大根・人参・シイタケ・里芋など野菜が沢山入った冬期限定のザク煮うどんも好評。ついつい長居してしまう心和むカフェ。火・水曜日定休日。営業時間10:30〜18:00ランチ・ディナーは要予約
TEL.207-323-1622